人を知る

仲間と一緒に
人を、企業を、世の中を、
少しでも幸せにしたい。

  • 2015年入社
  • クリエイティブディレクター
  • 第2ユニット Bチーム 加藤 至

Q.現在の仕事内容は?

お客様の課題を
解決するために、
本当に必要なことを
提案する。

BtoB・BtoCを問わず企業の広報・販促・プロモーションを、企画提案から予算管理、制作、納品まで、トータルでディレクションしています。フロントに立ってお客様とコミュニケーションをとりながら、社内外のスタッフと協力して仕事を進めていきます。会社案内やカタログ、パンフレット、ポスター等の紙媒体から、Webサイトや動画、ノベルティや展示会のブースまで、様々なツールの制作をリーダーシップをもって進めていきます。単なる「きれいなデザイン」「かっこいいキャッチコピー」の制作物にならないよう、お客様が訴求したいことの本質を引き出し、コーポレートブランドを意識したクリエイティブで、お客様の要望以上のものを提案できるようスタッフと共に試行錯誤しています。お客様の課題を解決するために本当に必要なものは何か?言われた通りのものを作るのではなく、クライアント企業の先にいるエンドユーザーやカスタマーの気持ちになって、時にはお客様の依頼とは異なる施策を提案することもあります。
社内コミュニケーション活性化や、カタログ・Webサイト等の営業ツールの強化・改善など、長いスパンで取り組む必要のある課題に対しては、年間でコンサルティングを行っており、月1~2回程度の定例会議をファシリテーターとして運営しています。お客様から挙がってくる議題もありますが、基本的にはハルのブランディング・ノウハウを元に、クライアントごとにカスタマイズしたテーマを議論し、アウトプットにつなげます。

Q.仕事のやりがいは?

自分たちの仕事が
人を動かし、
人を幸せにする。

ハルの仕事は多岐に渡りますが、突き詰めると「自社がどうあるべきか」をお客様自身から引き出し、その良さを磨き、形にすることに全てがつながっています。そのため、企業の中枢の方々と仕事を進めていけることが多いです。クライアントは数百~数千人規模の会社が多く、その幹部クラスと直接やりとりするのは緊張感がありますが、そうした方々から悩みを相談され頼られることは、大きなやりがいになっています。
また、ハルでは何かの制約にとらわれることなく、課題に対して最適なアプローチを自由に考えることができます。前例のないような施策を形にすることも多い分、「産みの苦しみ」もありますが、大きな達成感を得られます。
最も嬉しいのは、「ツールが客先でも社内でも好評で、もっと欲しいと言われている」「販促・プロモーションのおかげで売り上げがあがった」「SNSで話題になっている」などの言葉をいただけたとき。自分たちの仕事が人の気持ちや行動を変え、人を幸せにし、それがお客様の満足につながったと分かったときは、社内スタッフや関係するパートナー企業へ情報を共有し、皆で喜び合い、次へのモチベーションにつなげています。

Q.ハルの好きなところは?

同じ気持ちで
仕事を進めていける
仲間がいる。

どの案件も複数の社内スタッフや外部パートナーとやりとりすることになるのですが、各々が専門的なスキルを発揮し、チームで力を合わせて仕事を進めていくのが、ハルらしさの一つです。そして一緒に悩み、助け合い支え合いながら、同じ気持ちで進んでいける。そんな仲間と一緒に仕事ができるのが、ハルの良いところです。
また、「手を挙げたら任せてもらえる社風」という会社は多いですが、手を挙げる機会そのものがあまりないことも多いと思います。その点、ハルは多くの情報が全社員に共有され、所属チームを飛び越えたプロジェクト体制を組んだり、他チームのブレストに参加するのも全く珍しいことではありません。自分の興味のある分野があれば、気兼ねなくどんどん関わっていける社風も、ハルの良さです。

他の社員を見る

新卒採用エントリー
PAGE TOP
PAGE TOP