プロジェクトの進め方

Flow

ブランド構築から実践まで、
ブランディングワークを着実に
推進させるためのフローをご紹介します。
ブランディングは「段取り」次第でその成否が決まります。ハルのブランディングディレクターがファシリテーターとなり、お客様企業の課題に沿ったプロジェクトを発足します。プロジェクト推進の道筋は示しつつも、お客様が主体となってブランド構築、実践を行えるよう、ステップに合わせた適切な支援を行います。最終的にはお客様企業内だけでもブランディング実践のPDCAを回せるようになることを目指します。
1

ヒアリング/リサーチ

まず最初に、トップをはじめとしたエグゼクティブメンバーに対して、自社の現状とビジョン、課題意識についてのヒアリングを行います。状況により、競合調査や市場調査を行い、プロジェクト設計時のベースとなる情報を収集し、把握・分析します。

2

プロジェクト発足/プログラム設計

ヒアリングとリサーチから得られた情報を基に、プロジェクトの目的とゴールの設定、部署横断でのプロジェクトメンバー選定、および全体プログラムの設計を行います。プログラムはお客様の課題と要望により変動しますが、1年間が基本となります。

3

会議実施/ブランディングワーク

プログラムに沿い、プロジェクトメンバーによる会議を実施します。会議では、個別ワークと全体での議論を、ハルのファシリテーションにて繰り返し行います。毎回の会議にて、前回までの議論の要旨のまとめをハルからご提示し、次の議論の手掛かりにしていきます。

4

CI構築/ブランド戦略構築

会議の進捗状況に合わせ、ハルよりCIやブランド戦略の素案をご提案します。素案や他社事例を参考にしながら、メンバー自身の議論の中で、より自社らしいものへブラッシュアップしていきます。

5

実践施策の検討

構築されたCIやブランド戦略を、職制ごとに実践するための施策を検討します。メンバーが各職制グループのリーダーとなり、現場への説明・落とし込みと、社員からの意見の吸い上げを行い、それを会議に持ち寄って議論することで施策の精度を上げていきます。

お問い合わせ
Contact

ブランディングについての
無料相談も承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
PAGE TOP
PAGE TOP