人を知る

森本さんだから、
任せたい!
そう言ってもらうために。

  • 2015年入社
  • 企画営業
  • 第1ユニット Aチーム 森本 公幸

Q.現在の仕事内容は?

やろうと思えば
なんでもできる。

ハルの企画営業は、飛び込み営業はしません。主に、既存のお客様への営業や、お客様からの紹介や問い合わせがメインになります。日々のやりとりの中で、お客様からさまざまな課題をヒアリングし、企画やソリューションの提案を行い、課題に導きます。ハルの企画営業職の特徴は、日々の営業の中でのヒアリングから企画を提案し、最終の納品まで一貫して携わるディレクターとして動くところだと思います。ハルは、ブランディング、CI/VI開発、事業戦略からweb・カタログ・取説の制作。また小中学生向けのコンテストの事務局をしたり、個展開催の運営をしたり、やろうと思えばなんでも提案できる会社です。なんでもできるので、とことん考えて考えて考えなければなりません。だから、普段の生活からアンテナを張って、世の中のいろいろなものに興味を持ち、理解を深めて自分の中にストックするようにしています。
カタチのないものを1からつくることができる会社な分やりがいもひとしおですが、プロセスはなかなか険しい道のりです。一丁前に語っていますが、私自身まだまだ勉強中の身です。少しでも早く「ハルには森本さんがいるから任せたい!」と言われるようになるために日々がんばっています。

Q.仕事のやりがいは?

カタチのないものを
つくる仕事。

もともと新卒で入社した会社は今とはまったく畑違いの会社でした。製品を売って売り上げを上げる会社で営業をしていましたが、モノありきの仕事ではなく、カタチのないものを一から作り上げる仕事をやってみたい、と一念発起して、転職してハルに入社した経緯があります。
ハルに入社した当初は、聞きなれない専門用語などが飛び交い、毎日が新鮮だったことを思い出します。ハルのお客様は、B to Bの企業が多いですが、業種業態、また課題や悩みは多種多様なので、アプローチや提案内容で同じことが通用することはあまりありません。ただ、基点にあるのは、「ハルのブランディング」の考え方。課題に対してどうアプローチすればよりよい課題解決になるのか。そしてどう落とし込むか。畑違いの世界から飛び込んできた私には、頭がパンクしそうなことも多々ありましたが(笑)、正解が明確にあるわけではないので、非常にやりがいのある仕事だと思っています。
また現在、第1ユニットAチームのリーダーを務めさせていただいています。リーダーだけでなく、ホームページや採用ページ、大きなプロジェクトに選出いただいたりと、社歴や年齢に関係なく色々なことにチャレンジできる環境なので、どんどん吸収できて成長できていると思います。

Q.ハルの好きなところは?

当たり前のことを当たり前に。
プロマネとしての仕事。

ハルには「プロマネ」という役割があります。案件やプロジェクトの責任者、監督のような役割です。案件の成功・ゴールに向けて、誰とどうやって動くのか、どうすればスムーズに進行できるのか、など計画を立て、コントロールして差配していかなければならないのでとても重要な役割です。ハルの仕事は、どんな案件でもチームで動くことが必須。社内を巻き込むことはもちろん、社外の協力スタッフの方も一緒に動きます。日頃からのコミュニケーション、基本的なことになりますが、「報・連・相」の大切さを痛感しています。
一人では思いつかないアイデアも、チームで考えればいいアイデアが浮かんだり、些細な情報でも日頃から共有しておけばスムーズに対応できます。「当たり前のことを当たり前に」。これをモットーに日々実践しています。が、これがなかなか難しいです。1つの仕事を完璧にできて、一方でもう1つの仕事ができなかったら意味がありません。業務全体のマネジメントと自分自身のマネジメントの両立がなかなか難しいです。
ここ1年で少しずつプロマネをする案件を持ち始め、ようやく慣れてきましたが、まだまだ理想とするような動きはできていません。
プロマネをすることで私の中で変わったかなと思うのは、責任です。責任を持って携わった仕事が無事に成功して、お客様の喜んだ顔、感謝の言葉をいただくととても嬉しい気持ちになります。
それが励みになり、次へ次へとモチベーションに繋がるのかなと思います。

他の社員を見る

新卒採用エントリー