人を知る

徹底した顧客目線で、
人が動くシカケを。

  • 2014年入社
  • アカウントディレクター
    /上級ウェブ解析士
  • 第2ユニット Bチーム 山田 卓也

Q.現在の仕事内容は?

クライアント企業の
社内外コミュニケーションを
活性化する。

主にBtoB企業の広報・販促関連施策のプランニングと提案から、実際の制作ディレクションまでを行っています。
お客様とのコミュニケーションをフロントに立って行いつつ、社内外のブレーンと協力しながら、Webサイトや会社案内、ロゴマーク、製品カタログ等の媒体・ツールの制作を、リーダーシップをもって進めていきます。
クライアント企業の多くが、BtoBの業務用製品メーカーや法人向けサービス業なので、こうした制作の進行に慣れていないご担当者がほとんどです。単なる「きれいなデザイン」「かっこいいキャッチコピー」の制作物にならないよう、お客様が訴求したいことの本質を引き出すヒアリングと、コーポレートブランドを意識したクリエイティブで、お客様の要望以上のものを提案できるよう試行錯誤しています。言われた通りのものを作るのではなく、クライアント企業の先にいるエンドユーザーやカスタマーの気持ちになって、時にはお客様の依頼とは異なる施策を提案することもあります。
また、社内コミュニケーション活性化や、Webサイトの営業力強化など、長いスパンで取り組む必要のある課題に対しては、年間でコンサルティングを行います。月1~2回程度の定例会議をファシリテーターとして運営しています。お客様から上がってくる議題もありますが、基本的にはこちらのブランディングのノウハウを元に、各企業ごとにカスタマイズしたテーマを議論し、アウトプットにつなげます。

Q.仕事のやりがいは?

「人を動かすシカケ」で、
お客様に喜んでいただける
瞬間。

ハルの仕事は多岐に渡りますが、突き詰めると「クライアント企業がどうあるべきか」をお客様自身から引き出し、その良さを磨き、形にすることに全てがつながっています。そのため、企業の中枢の方々と仕事を進めていけることが多いです。ハルのクライアントは数百~数千人規模の会社が多く、そのトップと直接やりとりするのは非常に緊張感がありますが、そうした幹部クラスの方から悩みを相談されたり、頼られることは、大きなやりがいになっています。
また、ハルではモノを売っているわけではないので、何かの制約にとらわれることなく、課題に対して最適なアプローチを自由に考えることができます。これまでに前例のないような施策を形にすることも多いので、「産みの苦しみ」の分だけ、大きな達成感を得られます。
最もやりがいを感じられるのは、お客様から「社員の意識が変わってきた」「ツールが好評で、もっと欲しいと言われている」「仕事の進め方が分かった」といったお言葉をいただいたとき。成果を実感することがなかなか難しい仕事なので、自分の仕事が人の行動や気の持ちようを変え、それがお客様の満足につながったと分かったときは、社内や関係するパートナー企業へ情報共有して、皆で喜んでいます。

Q.ハルの好きなところは?

真摯な人、真摯な仕事。
そして、
心から信頼できるチーム。

「真摯である」というのが最も好きなところです。ハルの社員は責任感が強い人が多く、お願いしたことをきちんとやってくれるのはもちろん、何も言わなくてもお互いに手助けすることが当たり前、という共通認識があります。お客様に対しても、「本当にお客様のためになることは何か」と真っすぐに考えている人ばかりなので、その熱意に毎日刺激をうけています。
業務の特性上、案件ごとに複数の社員とやりとりすることになるのですが、各分野での経験豊富なプロフェッショナルの方がたくさんいて、そうしたメンバーが力を合わせてチームで仕事を進めていくのも、ハルらしさの一つです。
「手を挙げたら任せてもらえる社風」というアピールをしている会社は多いのですが、手を挙げる機会そのものがあまりないことも多いと思います。その点、ハルでは非常に多くの情報が全社員に配信され、通常のチームを飛び越えたプロジェクト体制を組んだり、他チームのアイデア出しに参加するのも全く珍しいことではありません。自分の興味のある分野があれば、気兼ねなくどんどん関わっていける社風は、ハルの良いところだと思います。

他の社員を見る

新卒採用エントリー