週刊・ハルの知恵

Vol.58
今週のテーマ

「“キキララ”のストーリー」


2018/11/15

ふたごのきょうだい星、キキとララ。
私が物心ついて初めて触れたキャラクターかもしれません。

大人になるまで知りませんでしたが、そこには親子愛満載のストーリーがありました。

大切に育てられたふたりは、少しわがままで甘えん坊。そこで両親は、ふたりを地球という星に、旅に出すことに。
キキの背中には「飛ぶ力のある大きな星」を、ララには、「進む方向を決める星のステッキ」を持たせて送り出しました。
そこからふたりの成長の物語が始まるのです。

幼少の頃、私は引っ込み思案で、すぐには人となじめませんでした。そんな私に力をくれたのが「キキとララ」。
不安になると、母に買ってもらった、キキララの甘い香りのするティッシュケースの香りに励まされていたことを思い出します。
今思えば、きっと「キキララ」に込められた、「親が与える子への愛」の物語を、無意識で感じ取っていたのかもしれません。

ブランディングには、ストーリーが必要です。そのストーリーには、人を勇気づけ、自分の世界を打ち破ってくれる、次のステージに連れて行ってくれる、スゴイ力があります。

キキララは、まさにそのストーリーを創り出しているキャラクターなのです。(千代木)

ニュース一覧へ戻る>>