週刊・ハルの知恵

Vol.55
今週のテーマ

「寒い時期の癒しスポット」


2018/9/20

夏の暑さはどこへやら、朝晩涼しい日が続くようになってきました。
これからさらに秋が深まり、肌寒くなって参りますが、そんな季節に通いたい場所といえば、私はお風呂屋さんを思い浮かべます。

ということで、私が紹介したいオススメの場所は、「延羽の湯」という温浴施設です。
「延羽の湯」の魅力は薬石汗蒸房と呼ばれるサウナにあります。薬石汗蒸房は4つのサウナ部屋の総称で、中でも汗蒸房というサウナは私のお気に入り。

サウナ着を着て薄暗い部屋に入ると、もわっと温かい空気が身体を包み込みます。
中は広いスペースで温度も高すぎず、そのまま座って静かに過ごしたり、バスタオルを敷いて寝転んだり、本を持ち込んで読みふけったり、自由な時間を過ごせます。しかし気分が上がるのはここから。時間になると、部屋の真ん中にある薬石火焔炉と呼ばれるいろりから、熱された薬石を乗せたトロッコが出現。スタッフが季節で変わるアロマ水を薬石にかけ、吹き上がった蒸気が室内を満たします。

さらに、蒸気を部屋中に行き渡らせるため、スタッフが身体の半分くらいある大きなうちわであおいでくれます。
アロマの香りと、少し汗ばむくらいの温かい空気がとても気持ちいいんです。熱いサウナが苦手な人でも、圧迫感がなく熱くなりすぎないこのサウナはオススメです。熱くなりすぎないので、本当に何時間も居座ってしまうほど、ゆったりした時間を過ごせるところが私は好きです。

関西に3店舗ある「延羽の湯」。
寒い季節にゆっくり暖まりたいなら、是非行ってみてください。(宮本)

ニュース一覧へ戻る>>