週刊・ハルの知恵

Vol.46
今週のテーマ

「梅雨を楽しめる人」


2018/6/7

みなさん「梅雨」と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?
雨が降ると外に出るのが億劫になる、洗濯物が乾かない、など、私自身「梅雨」に対してマイナスなイメージがほとんどでした。

雨の日の必需品といえば傘ですが、傘はいつ頃から使われていたかご存知ですか?
傘は、日傘として4000年以上前から使われており、雨傘として使われるようになったのは18世紀頃から。
そして、その頃からカタチはほとんど変わっていないそうです。

近年、安価なビニール傘が主流になってきたこともあってか、日本中の傘の年間消費本数は1億3千億本にものぼるとの調査結果を見ました。
実際に、ビニール傘は安価で便利ですし、私もついついビニール傘に手を出してしまいます。

ただ、ビニール傘もいいですが、今年はお気に入りのステキな傘やレイングッズを見つけて“梅雨を楽しめる人”になりたいなぁと思っています。
雨の日が続くと憂鬱になりますが、みなさんも今年はぜひ“梅雨を楽しめる人”を目指してみてはいかがでしょうか?(寺下)

ニュース一覧へ戻る>>