週刊・ハルの知恵

Vol.37
今週のテーマ

「紙から映像のアニメーションへ。」


2018/3/29

私は、取説や技術資料に携わり、約30年になります。仕事をする上で常々思っていることは、文章の表現力や構成力はもちろん必要ですが、さらに視覚的な表現力、すなわちイラストの表現が社内でできることが重要だと思っています。
私がお客様と打ち合わせする時は、担当者の方が思い描くことを、どのようにイラストで表現すべきかを頭の中に描き、その場でアウトプットしながら話を詰めていきます。自分で表現ができるため自信をもって説明ができ、案件も的確に進められるのでお客様の信頼を得ることができます。

10年ぐらい前から、少しずつ3DCGを勉強して、ソフト上でCGやアニメーションが作成できるようになると、いつも動画サンプル集をノートパソコンやスマホに入れて持ち歩き、お客様との打ち合わせの場面で、イメージをすり合わせたり、機会があればアニメーションの活用提案をしてきました。
そんな私も今年3月20日で定年を迎えましたが、また新しい働き方でハルとともに歩んでいくことになりました。ハルの技術系の資料の表現力を、紙媒体から映像へと持って行きたい。それを叶えるために、これからもいろんな変化にワクワクと心をときめかせ挑んでいきたいと思います。(濱田)

ニュース一覧へ戻る>>