週刊・ハルの知恵

Vol.33
今週のテーマ

「すてきな人のアイデンティティー」


2018/3/1

先日、パリでチョコレートショップを営む日本人女性のことをテレビで目にしました。たくさんのチョコレートショップが軒を連ねる中、日本独自の素材を使用したチョコレートで人気を呼んでいるそうです。

その日本人女性の髪形はいつも、おだんご。おだんごにすることで、自分やお店のことを覚えてもらおうという考えからです。実際、パリジャンが遠くから彼女を見て、「おだんごの日本人ショコラティエ」と認識して声をかけていました。おだんごが、その方のアイデンティティーとなっているのです。

著名人や身の回りの人に、いつも同じヘアースタイルの人、いつも同じアイテムを身につけている人が思い浮かびませんか?いつも玉ねぎヘアーの人、いつも黒い服を着ている人、いつもピンヒールをはいている人・・・。思い浮かべてみると、その人自身に誰にも負けない魅力や個性があり、確固たる信念をもっている人にこそ、いつ見ても同じというところに愛着が湧くのかもしれない。自分の信念を人に見た目で表現していくことも素敵だなと、そんなことを思いました。(北川)

ニュース一覧へ戻る>>