週刊・ハルの知恵

Vol.22
今週のテーマ

「頭の鍛錬、始めました。」


2017/11/30

最近、通勤時の時間つぶしにと、「囲碁」のアプリをダウンロードしました。
囲碁というと、どちらかといえばとっつきにくい類のゲームだと思います。
自分もそうだったのですが、ルールを調べてみると思っていた以上にシンプルで盤上に碁石を交互に配置し、最終的に陣地を多く取った方が勝ち。というものです。

では、囲碁をやることで頭にどういう効果をもたらすのか。
人間の脳は通常、左脳で計算・暗記・論理的思考機能を受持ち、右脳は感覚、形や空間等の認識、大局的視野での判断力を受持つと言われています。
囲碁は特に右脳を使って考えていくゲームです。
盤上に自由に石を配置できるので、決まったパターンというものはなく、一つの石を置くことで、すべての状況が常に変化していきます。

ハルで仕事をする上で、一番大事なことは、「考える」ということ。お客様の事、自分の事、チームの事、さらに会社の未来の事・・・。
これらも、一つ進めることで、すべての状況が変化していきます。なので今日も自分の生き方に役立てるように囲碁のゲームで頭を鍛えようと思います。(芹野)

ニュース一覧へ戻る>>