アスクル研究会

アスクル研究会

“よりよく生きる”を目指し、情報交換と研究を行うアスクル研究会

アスクル研究会とは、“Our doors always open.”の考え方を基本に、分野の異なる専門家で構成・運営されている任意団体です。

活動内容

ハルは新しい経営の在り方をデザインする研究会を運営しています。

アスクル研究会は、企業や社会の課題を多様な立場から研究し、新しい経営の在り方をデザイン。
1987年の発足時より、“文化を遊ぶ。人と遊ぶ。そしてビジネスを遊ぶ。”を行動指針に、会合や親睦会を開催。“よりよく生きる”ことを目指します。

メニュー

ハルと日経ビジネススクールで実現する、高効果な4つの研修スタイル

「公開型集合セミナー」「企業内研修サービス(ブレンディング・カスタマイズ)」「オンライン講座(eラーニング)」の3つのスタイルと専門家とのリレーションで人材開発・育成、教育研修をサポートいたします。

マネージメント情報の
交換
コンサルティング、マーケティング情報の交換と研究
ビジネストピックス(経営時事ポイント)情報の交換と研究
共同で行う事業、及び開発するソフト・ハードの研究と実践
メンバー間のよりよいビジネス交流と人間交流
新たな文化の創造と
社会への貢献
組織名
アスクル研究会
発足
1987年
会長
森口 ひろみ(株式会社ファースト・アシスト代表取締役)
理念
私たちアスクルブレーンは常に互いの能力や仕事に敬意を払い深く信頼し、心を開き、
多くの人と成果を分かち合うことを目指します。
そのために、私たちは自らが持ち得る知恵の限りをつくし、確実なる成果を約束します。

詳しい内容はハルまでお問い合わせください。